スペシャルティ珈琲豆専門《加藤珈琲店 本店》


FLO認定フェアトレードコーヒー・グァテマラ



この珈琲豆はグァテマラ・ウェウェテナンゴのサンタウラリアの小規模農家によって丹精込めてフェアトレードにて栽培された珈琲です。FEDECOCAGUAの指導によりJASの有機栽培認定も取得し、環境に優しい栽培がなされています。

品質も在来種のティピカ種75%、ブルボン種25%、完熟豆を全て手摘みし、天日乾燥された最高級品質ランクのファンシーSHBです。

当店が年間契約し、その素晴らしい珈琲豆を皆様に提供させていただきます。

芳ばしいフレーバー向こうに生産者の方の笑顔が浮かびます。 是非貴方もフェアトレードコーヒーを通して国際援助に参加してみませんか?

農薬や化学肥料に頼らない「生きた農地」で栽培された豆は甘みが強く、しかも有機栽培特有の柔らな味わいを持っています。是非、お試しください。

 

この商品を購入されますと左のシールが袋に貼られます。
そのシール代金の一部が生産者への援助金として寄付されます。
フェアトレードとは、「公平貿易」と呼ばれている地域貢献をめざした新しい貿易の方法で 欧米を中心とした世界各国でこの取組がなされております。 基本理念は、生産者の権利を守り生産活動を手助けし、立場の弱い人々の自立を支援していくことです。 現在のコーヒー取引は世界の定期市場において、生産のために投下した費用などに関係なく取引がなされ、主としてニューヨークやロンドン定期市場における相場が中心となって価格が決定されています。 従いまして、供給過剰などで国際相場が低迷し始めますと、生産者は生産コストを賄うことも出来ずに苦しみ続けることになり、一部の例外を除いて小規模農家が多いコーヒー生産では、丹精込めて栽培しても報われない不公平取引が往々にして発生します。 こうした現状を踏まえ、公平な流通取引が模索される中、新しい流通である「フェアトレード」の試みが始まりました。 フェアトレードにより最低限の権利は保障されることになり、教育や生活水準の向上に役立つものと期待されております。

※クリックすると拡大画像が表示されます。

フェアトレードについて、やさしく分かりやすい説明はこちら

 

表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件