スペシャルティ珈琲豆専門《加藤珈琲店 本店》


スリランカの美味しい紅茶













インドの南部、インド洋に浮かぶ小さな島がセイロン紅茶の国、スリランカです。中南部の山岳地帯周辺が紅茶の主産地で、ダージリンと違い1年中紅茶が生産されていますがモンスーンの影響で山岳地帯の西側と東側でクオリティーシーズン(高品質な紅茶が作られる時季)が異なります。また、セイロン紅茶は茶園の標高立地により3段階の紅茶に分けられます。



高品質紅茶を作る条件として乾燥していて昼夜の寒暖差が大きいことがあげられますが、スリランカでは5月~9月の間南西モンスーンが到来し、この時季には山の反対側(東側)にあるウバ地区でクオリティーシーズンを迎えます。また、12月~2月の間北東モンスーンが到来し、この時季には山の反対側(西側)にあるディンブラ地区でクオリティーシーズンを迎えます。



<ミルクティー>

牛乳の風味に負けないようにする為、ストレートティーを入れる際、蒸らし時間をやや長めにし、濃い目に抽出します。
「ミルクティー」向きの茶葉=ウバ、ブレンド
牛乳:温めた牛乳は紅茶の香りをそこねますので常温で使用します。
ミルク:動物性のものは避け植物性のものを使用します。
<レモンティー>
レモンの酸味と紅茶の渋味をうまく調和させる為、ストレートティーを入れる際、蒸らし時間をやや短めにし、渋味を抑えるようにします。
「レモンティー」向きの茶葉=ディンブラ、ブレンド




BOP(Broken Orange Pekoe/ブロークンオレンジペコー) = 葉っぱ自体をカットしてふるいにかける。2~3mmの形状に揃えられたもの。ハイグロウンやミドルグロウンで多く作られる主力品であり高級品。水色はオレンジ色で透き通るような透明感がある。味はまろやか。


(クオリティーシーズン:8月-9月)
世界三大銘茶の一つ。スミレやスズランの花の香りとサロメチールを思わせるような独特の刺激的な香が特徴です。クオリティーシーズンのウバはこの香が一段と強く、その香は「ウバフレーバー」と呼ばれています。水色は濃い橙黄色で、コクもあるためミルクティーに良く合います。



(クオリティーシーズン:1月-2月)
山の西側でヌワラエリヤ地区より少し標高の下がった地域が産地です。水色は赤みがかった橙黄色で渋味・コク・キレのバランスがとれており、飲みやすく爽快感の有る高級紅茶です。

 
 



表示件数
並び順
商品数:7件
商品数:7件