スペシャルティ珈琲豆専門《加藤珈琲店 本店》


お中元について

お中元の由来

お中元の起源
お中元の起源はとても古く、古代の中国にまでさかのぼります。古代中国の道教には三官信仰があり神様を「三元」の日に祭ったそうです。この三元とは陰暦の一月が上元、七月が中元、十月が下元でありそれぞれの十五日に三官が生まれたと言われております。

 

三官とは?
お中元のもとにもなった三官とは次のような神様のことです。

天官は、上元(一月十五日)生まれの福をもたらす神様
地官は、中元(七月十五日)生まれの善悪を見分けて人間の罪を許す神様
水官は、下元(十月十五日)生まれの水害など災害を防ぐ神様

 

江戸時代から一般の贈答行事へ
お中元のもとになったのは、この三官のなかでも慈悲神様(地官)。七月十五日に行われていた誕生を祝うお祭りが、同じ日に行われていた仏教のお盆の行事と結びついたことから、お中元が始まりました。これが日本に伝わり親類や隣近所に仏様に供えるお供物を送る習慣となったようです。

この「お中元」を、地方によっては「盆供」や「盆礼」と呼んでいるところもあるそうです。 お中元は江戸時代になってから、先祖へのお供えと共に商い先やお世話になった人に贈り物をする一般の贈答行事へとなりました。

 

お中元についてQ&A

どの位の予算のものを選べばいいですか?
上司、仲人、恩師には5000円位、友人、知人へは3000円前後の商品を選ぶ方が多いようです。

 

珈琲豆の挽き具合がわかりません。
先方の方のお好みが分からないときは「中挽き」をお贈りすることをおすすめしています。
また、抽出器具のいらない、カフェバッグやリキッドコーヒーもおすすめです。

 

贈るタイミングとしていつがベストでしょうか?
7月初めより中頃までの期間内に贈ることが一般的です。(以前、東日本においては7月初めより中頃までの間で、西日本では8月初めより中頃までの間を、贈答時期としていました。)

 

お中元用に注文した場合、支払いはどうなりますか?
送り主と配送先が違う場合のお支払いはトラブル防止のためクレジットカードに限らせていただきます。

 

内のしと外のしの違いは?
のしの包装には、包装紙の内側にのし紙をかける内のしと包装紙の外側にのし紙をかける外のしがあります。

本来、のしは贈り物に添え、風呂敷に包んで持参して贈りました。
現代の包装紙を風呂敷の代わりと見るならば、内のしが本来の形といえるかもしれません。
しかし、最近では外のしも一般的に使用されます。

控えめに贈るときは内のし、持参して手渡する時は外のしと使い分けることが多いようです。

 

表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件