スペシャルティ珈琲豆専門《加藤珈琲店 本店》


お歳暮について

 

贈るタイミングを逃さないように しましょう。

お歳暮は季節のあいさつなので、贈るタイミングを逃さないようにしましょう。
お歳暮は正式には事始めの日、つまり、正月祝いの準備を始める12月13日から20日までに贈るものとされていましたが、最近ではその期間が少し前倒しになっています。
現在では11月末ごろから贈る人も多いようです。

 

お歳暮を贈る時期は?

お歳暮を贈る時期は、地域や贈るものの内容によって若干の違いがあります。
関東地方では12月初旬から12月31日、関西では12月13日から12月31日までとされています。

正月用の生鮮食料品を贈る場合は遅めの方が親切ですが、受け取る側のこと考えると、暮れの忙しい時期に届くのは慌ただしいものです。できるなら20日くらいまでに先方へと到着することが好ましいかもしれません。

年内に間に合わなかったら関東地方では1月7日の松の内までに、関西地方では15日までにお年賀として届くように贈りましょう。さらに遅れた場合は、松の内がすぎてから、2月4日の立春までに寒中お見舞いとして贈ります。

 

お世話になった方へはもちろん、
お友達や同僚の方へ感謝の気持ちを贈りましょう。
お歳暮の贈り先は両親、義父母、仲人、親類、会社の上司などが一般的ですが、この人には必ず贈らなければいけないという決まりはありません。

最近では 仲のいい友だちや同僚ほか、身近な人に感謝の気持ちを伝える機会として、お歳暮を贈る傾向があります。

形式やあいさつとしてのお歳暮ではなく、カジュアルな行事になりつつあるのです。

 

お世話になっている度合いで選びましょう。
お歳暮の金額は、お中元の2、3割増が目安です。

お世話になっている度合いで選ぶのが一般的ですが、特別に世話になっている人には5000円から1万円程度、仲人やお世話になっている上司には5000円前後、親戚、知人には3000から4000円程度が目安です。
また、自分の年齢、贈る相手の年齢によっても多少金額が変わります。

あまり金額にとらわれる必要はありませんが、相応の値段を目安に加味して考えるのがいいかもしれません。

ページトップへ▲

 

 

 

もともとは祖先の魂にささげる供物でした。

お歳暮とは文字通り年の暮れのことを意味し、昔は歳暮の礼といって新年に先祖の霊を迎えるために必要な供物を、嫁いだり分家した人が本家や親元に持って行く行事でした。

その後、日ごろお世話になっている人に感謝するなど、歳暮まわりと呼ばれる年中行事が行われるようになり、それが転じて、今日ではお世話になった人に一年の感謝の気持ちを込めて年末に贈る、贈り物を指す言葉となりました。

 

お歳暮が一般化したのは江戸時代
お歳暮に贈るものは、もともとは祖先の魂にささげる供物でしたが、やがて生きている祖先である両親への贈りものという習慣に変化し、やがてはお世話になった人への贈りものと変化しました。

こういった習慣が一般化したのは江戸時代です。
江戸時代には掛け売りがほとんどで、盆と暮れに決済を行うのが習わしになっていましたが、暮れの一回決済という場合もありました。
そのため、一年間の親交を感謝する意味から、得意先や親せき、知人、お世話になった人などには、贈答を盛んに行われるようになりました。

 

のしや水引にも意味があります。
お歳暮には水引やのしをかけます。水引は一見、無駄に見えるようですが、日本には古代から魂を結びいれるという結びの信仰がありました。
結ぶことによって魂が宿り、これをつけて贈られたものは単なる物品ではなくなるのです。

お歳暮につけるのしは「のしあわび」からきた言葉といわれます。
四方を海に囲まれた日本は古くから海の幸に恵まれ、それを贈る習慣がありました。
この贈答用の鮮魚が後に高級なあわびに代表されるようになっていきます。
そして、のし、つまり、あわびをつけた贈り物は酒を意味するようになります。
のしは酒の肴というわけです。

これが段々なくなってしまい、紙に印刷されたものだけになり、やがてはただ「のし」という文字に変わりました。

ページトップへ▲

 

 

 

ルーツは中国
中国では1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元といい、天の神を祭る日とされていました。
これに日本古来のお盆という祖先の霊を供養する行事がまじり、定着したのが「お歳暮」「お中元」といわれています。

お歳暮は暮れに家々で行われた祖先の霊を祭るときの供え物を、近所の人やゆかりの人に分け合うことから始まったのです。

お歳暮 は物品によって相手を豊かにしようというものではないので、水引やのしをつけて贈ります。たとえ扇一本だとしても、それに託されるのは魂ですから、心がこもっているのです。現在の紅白の水引が用いられるようになったのは、足利時代の中国との貿易の影響だといわれています。

 

江戸時代のお歳暮は?
江戸時代には、武士が組合をつくっていたため、このときにその組頭に贈り物をする習慣として根付いていきます。
つまり、血縁に贈るように、準血縁であることの証として贈ったのです。

1688年に刊行された日本歳時記には「下旬の内、親戚に贈物して歳暮を賀す。また知れるところの鰐寡孤独貧窮困苦の者にも、我が力に随って財物を賑わうべし。あるいは我にかつて恩恵ある人、師伝となれる人、我が身および家人の病よ療せし医師などのも分に随いて厚く物を贈るべし」と書かれています。

この意味するところは、お歳暮はケチケチせず日ごろの感謝の気持ちを最大限に込めなさいということです。

また、商人の世界では一年間の親交を感謝する意味から、得意先などに贈答を盛んに行っていたようです。

今でも商店では名前入りの手拭いやカレンダーを配りますが、それは当時のなごりといえるでしょう。

 

明治時代のお歳暮は?
明治時代に入ってからは、官吏が権力を持つようになり、官吏に対して高価な贈り物をすることによって、自分の生活の安寧を約束してもらうという別の性格を持つようになります。

相手に感謝を込め祝福するものだったお歳暮が、利害をもとにした取引の要素を呈してくるのです。

 

現在のお歳暮は?
お歳暮 に込められていた贈答思想はわずか100年で違った意味合いを持つようになりましたが、江戸時代以前の魂を込めるという倣いが根底にはあります。

ですから、この習慣はやがて使用人と雇い主の間にとどまらず、親しい友人同士にまで広がっていき、現在のお歳暮の風習となっているのでしょう。

最近ではバレンタインデーのような感覚で、仲のいい友だちや同僚ほか、身近な人に感謝の気持ちを伝える機会として、お歳暮を贈る傾向があります。形式やあいさつとしてのお歳暮ではなく、カジュアルな行事になりつつあります。

 

ページトップへ▲

 

 

 

あいさつ状を出しておく気配りで好印象に
訪問して直接相手に渡すのが原則ですが、現在は百貨店などから直送することがほとんどです。

直送する場合はあいさつ状を同封するか、荷物が届くころに、別にハガキを出しておくのがマナーです。あいさつのほかに、何を、いつ、どこから送ったかを書いておくと、万が一の場合に役立ちます。

 

お歳暮のお礼は?
お歳暮 は日ごろ世話になっている人へのお礼であり、また、目下の人からお世話になった目上の人に贈るのが一般的なので、あえてお返しはしないのが普通です。
ただ、同僚、友人などの場合は、同程度の品物でお返しをした方がよいかもしれません。

 

お年賀として贈る場合は?
お歳暮 としてではなく、その場合は、年賀として贈ることもあります。
ただ、いずれの場合も、礼状だけは出しましょう。相手に無事に品物が届いたことを知らせる意味でも、これは大切なことです。

電話で済ませてしまう場合も多いようですが、はがきなどで相手の好意に感謝する気持ちを込めて、書面にしたためるのです。
こうすることによって、相手との人間関係もよりスムーズに行くようになるはずです。

 

現在のお歳暮を頂いたら・・・
きちんと礼の気持ちを伝えましょう。 礼状は丁寧に書くのが基本です。
品物に対する感謝の気持ちだけでなく、相手の心遣いに対する感謝を忘れないようにしましょう。
男性自ら手配することは少ないので、「奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください」といった一言を添える配慮は必 要でしょう。また、健康を祈る文章をつけるのも大切なことです。

年賀状の時期が近いですが、ついでに済ませてしまうのは失礼にあたります。親しい人や目下の人には電話やメールでもいいので、きちんと礼の気持ちを伝えましょう。

 

礼状の注意点
礼を誰かに代わって書く人も多いでしょう。
その際、気を付けなければならない点がいくつかあります。

その人の言葉でそのまま書くときは、差出人としての夫の名前の左下に、少し小さめに「代」と書きます。自分の言葉で書くときには「内」と書きましょう。相手と面識があるのなら、連名にしてもいいですが、例えば、夫の上司の場合でしたら「内」を入れるのがマナーです。

また、女性の場合、男性宛の手紙に女性の個人名は避けるのが基本です。

ページトップへ▲

 

 

 

 

どの位の予算のものを選べばいいですか?
上司、仲人、恩師には5000円位、友人、知人へは3000円前後の商品を選ぶ方が多いようです。

 

珈琲豆の挽き具合がわかりません。
先方の方のお好みが分からないときは「中挽き」をお贈りすることをおすすめしています。
また、抽出器具のいらない、カフェバッグやリキッドコーヒーもおすすめです。

 

贈るのが遅くなってしまったのですが、どうしたらいいでしょうか?
12月中は「お歳暮」で、年明けは「お年賀」で、年明けの松の内を過ぎてから節分までは「寒中お見舞い」でお出しになるのがよいでしょう。

 

お歳暮用に注文した場合、支払いはどうなりますか?
送り主と配送先が違う場合のお支払いはトラブル防止のためクレジットカードに限らせていただきます。

 

内のしと外のしの違いは?
のしの包装には、包装紙の内側にのし紙をかける内のしと包装紙の外側にのし紙をかける外のしがあります。

本来、のしは贈り物に添え、風呂敷に包んで持参して贈りました。
現代の包装紙を風呂敷の代わりと見るならば、内のしが本来の形といえるかもしれません。
しかし、最近では外のしも一般的に使用されます。

控えめに贈るときは内のし、持参して手渡する時は外のしと使い分けることが多いようです。

 

表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件