スペシャルティ珈琲豆専門《加藤珈琲店 本店》


エコロジーコーヒー豆

こころとカラダ・地球に優しいライフスタイルにピッタリな珈琲豆約150杯分入ったセットです。   エコロジーコーヒーで心を癒してみませんか? エココーヒーたっぷり約200杯分入りで大特価!!

加藤珈琲店ではお客様の健康と安全、生産地への社会貢献、地球環境の保護を考えフェアトレード等の環境に配慮した珈琲豆を積極的に取り入れています。


捨てるのはもったいない!地球にやさしい抽出後のコーヒー粉の利用法をご紹介♪

エコなコーヒーとは? エコなコーヒーは、自然環境や生態系に配慮、保護して今ことだけではなく、子供たちの将来のことも考えた上で、自然環境や人々の生活を良い状態にたもつことを目指して生産し流通された、安全安心そして、ロハスなコーヒーです。

 

レインフォレスト・アライアンス認証コーヒー

団体名 レインフォレスト・アライアンス (Rainforest Alliance)
焦点 環境(熱帯雨林保護)、社会性
認証者 Rainforest Allianceと協業する現地認証組織
査察 年1回
生産者数 50,000農家
コーヒー生産量(トン) 90300
本部所在地 米国・ニューヨーク州
団体のミッション 土地の利用法や、商取引、消費者の行動を変えることにより、生物の多様性を維持し、人々の持続可能な生活を確保する。
構成要素 環境の維持・復元、多様な種の熱帯雨林保護、最低賃金保証・労働者福祉、教育、行動計画書提出及び継続的改善。
生産者メリット 営農管理の向上、技術サポート、市場アクセス
オリジン ブラジル、コロンビア、コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラ、ペルー、ニカラグア、メキシコ、ホンジュラス、パナマ、エチオピア、タンザニア、インドネシア
認証コーヒー ◆ RA認証コーヒー・メキシコ
◆ メガ盛りエココーヒー福袋
◆ LOHAS・ロハスな珈琲豆セット
◆ 地球環境に優しい珈琲豆セット

レインフォレストアライアンス堀内代表よりメッセージ


グッドインサイド認証コーヒー

団体名 グッドインサイド (UTZ CERTIFIED 'Good Inside')
焦点 生産性、環境、社会性、トレーサビレティ
認証者 Good Insideに登録された査察組織
査察 年1回
生産者数 1500
コーヒー生産量(トン) 220000
本部所在地 オランダ・アムステルダム
団体のミッション 社会・環境に対し責任を持った(コーヒー)生産・供給・調達のための世界規模のプログラムを提供する。
構成要素 環境保護、最低賃金保証、労働者福祉、教育、継続的改善、トレーサビリティ(オンラインマッチングシステム)。
生産者メリット 市場アクセス、技術保証、金融
オリジン ブラジル、コロンビア、ボリビア、ペルー、コスタリカ、ニカラグア、エルサルバドル、ホンジュラス、グァテマラ、メキシコ、エチオピア、ケニア、タンザニア、ウガンダ、ザンビア、インド、インドネシア、ベトナム
認証コーヒー ◆ Qグレード珈琲豆ニカラグア
◆ グッドインサイドコーヒー・コロンビア
◆ グッドインサイドコーヒー・マンデリン
◆ メガ盛りエココーヒー福袋
◆ LOHAS・ロハスな珈琲豆セット
◆ 地球環境に優しい珈琲豆セット

グッドインサイドのジュリエット部長さんよりメッセージ

加藤珈琲店のお客様の皆様、こんにちは。

私は、オランダ・アムステルダムのウツ・グッドインサイドのディレクターをしています。

加藤珈琲店を通じて、是非、最高のグッドインサイドの珈琲を味わってください。


フェアトレード認証コーヒー

団体名 国際フェアトレードラベル機構 (Fairtrade Labeling Organizations International)
焦点 経済(小農家保護)、環境、労働
認証者 Fairtrade Labeling Organization
査察 年1回
生産者数 800000
コーヒー生産量(トン) 310000
本部所在地 ドイツ・ボン
団体のミッション フェアトレード・ラベル運動を通し、不利な立場にある開発途上国の生産者や労働者の持続可能な開発とエンパワメントを実現すること。
構成要素 最低価格保証、直接商売・仲介業者の排除、民主的運営の農協組織、財政の透明性確保、労働者福祉及び環境保護、化学薬品使用最少化奨励、オーガニック認証取得奨励。
生産者メリット 最低輸出価格保証/前払い金受け取り、組織運営の向上、プレミアム価格の享受、相場下落時のリスクヘッジ
オリジン コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、ボリビア、ブラジル、コロンビア、ペルー、エクアドル、ベネズエラ、ドミニカ、ハイチ、カメルーン、コンゴ、エチオピア、ケニア、コートジボワール、ルワンダ、タンザニア、ウガンダ、ザンビア、東チモール、インド、インドネシア、ラオス、パプア、タイ
認証コーヒー ◆ FLO認定フェアトレード・グァテマラ
◆ フェアトレード有機栽培珈琲飲み比べセット
◆ LOHAS・ロハスな珈琲豆セット
◆ 地球環境に優しい珈琲豆セット

※クリックすると拡大画像が表示されます。

フェアトレードについて、やさしく分かりやすい説明はこちら

オルター・トレード・ジャパン

団体名 株式会社オルタートレードジャパン(NGO団体)
本部所在地 日本・東京
団体のミッション ATJは、草の根の経済活動を通じて、誰もが自分たちの暮らしや地域のあり方を選びつくっていけるしくみの実現をめざします。同じ地球に生きるすべての人々が共生できる平和な社会。これが私たちの考えるオルタナティブな社会です。
コーヒープログラムの特徴 イギリスのフェアトレード(公正貿易)団体TWINとのパートナーシップのもとで、フェアトレードで取引されたコーヒー。ぺルー、メ キシコ、ハイチ、タンザニアの各産地では、フェアトレード奨励金を通じて有機農業、女性プロジェクト、地域活動を展開。 産地では土の力を最大限に生かすよう農業が進める。生産者の環境や持続可能なコーヒー栽培を推進している。
認証コーヒー ◆ ペルー・ソルデアンデス
◆ フェアトレード有機栽培珈琲飲み比べセット
◆ 地球環境に優しい珈琲豆セット

バードフレンドリー(R)

団体名 スミソニアン渡り鳥センター(Smithsonian Migratory Bird Center)
焦点 環境(渡り鳥の生息地保護)
認証者 Smithsonian Institution's Magratory Bird Center
査察 年1回
生産者数 1500
コーヒー生産量(トン) 2700
本部所在地 米国・ワシントンDC
団体のミッション スミソニアン渡り鳥センターは、渡り鳥とその生息地の保護、研究活動に力を注いでいます。バードフレンドリーは、一杯のコーヒーから渡り鳥保護に参加できるプログラムを提供します。
構成要素 熱帯雨林及び周辺環境の再生、樹木の多様性(最低11種)、外来種・落葉樹僅少、3つの異なる木の高さのレベル、毒性のある化学薬品使用不可、水源確保、緩衝地帯確保、オーガニック認証取得は必須。
生産者メリット 商品の差別化、品質の向上、プレミアム価格(成約無し)、エコ・ツーリズムへの可能性
オリジン グァテマラ、エルサルバドル、メキシコ、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ボリビア、エクアドル

コンサベーション・コーヒー

団体名 コンサベーション・インターナショナル(Conservation International)
焦点 自然や生物保全、人間と自然の調和
認証者 Consercation International
査察 なし
生産者数 データなし
コーヒー生産量(トン) データなし
本部所在地 米国・バージニア州
団体のミッション 地球が長い年月をかけて育んできた自然遺産としての生物多様性を保全し、人間社会と自然が調和して生きる道を具体的に示す。
構成要素 生物多様性の保全がメイン(生物多様性ホットスポット、全世界に34箇所)。
上記スポット内での高品質コーヒーで基準をクリアしたものをコンサベーションコーヒーと呼ぶが、認証制度ではない。
生産者メリット 特になし
オリジン メキシコ、コスタリカ、パナマ、ペルー、コロンビア
表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件